オナニー後の時間浪費を防ぐために有効な『行動設定』について

こんにちは、ふりしゅんです。

ここでは、オナニーをする際の性欲コントロールについて書いていきます。

前回の記事で、オナニー前後の行動を気をつけないと、1日を無駄にしてしまう可能性があること、そして対策として、「オナニーをした後でどんな行動をするか」を予め設定しておくことが重要だ、という話をしました。

しかし、オナニー後の行動設定に関する詳しい説明は、前回は行いませんでした。

今回は、行動設定をどのように設定すればいいのか、その原理から注意点に至るまで詳しく説明していきます。

これを読むことで、自宅待機で性欲が高まりがちな時でも、上手に性欲をコントロールし、時間を有効活用することができるはずです。

オナニー後の行動設定で性欲をコントロールできる理由とは?

そもそも、なぜオナニー後の行動設定をしておくことで性欲がコントロールできるようになるのでしょうか。

前回の記事でも書いたように、性欲が制御できなくなったり時間をムダにしてしまう根本的な原因は、

賢者モードになってやる気がなくなり、動いたり考えたりするのがダルくなる

動かなくてもスマホで気軽にできる、動画視聴やスマホゲームに手を出す

動かない状態が続くとまた下半身がムラムラしてくる

再びオナニーする

という、時間浪費の負のスパイラルにはまってしまうことです。

逆にいえば、この負のスパイラルのどこかの流れを断ち切ることができれば、性欲の暴走や時間の無駄遣いを完全になくすことができる、ということです!

じゃあどこを断ち切ればいいのか?
それは、「賢者モードになってやる気がなくなる」という部分です!

そのためのに行うのが、「予めオナニー後の行動を設定する」ことです。

では、なぜ予めオナニー後の行動設定をしておくことが「賢者モードになってやる気がなくなる」のを防ぐのに大切なのか。
それを考えるために、自分がオナニーで射精した直後のことを想像してみてください。

時間浪費の負のスパイラルから脱出するには、やる気や集中力を回復させ、行動するモチベーションを取り戻すことが重要になってきます。
しかし賢者モードになっている時に考えたり動いたりするのって、メチャクチャだるくないですか?

もし、オナニー後の行動を予め何も考えていなかった場合、次の行動にうつるために

  1. 今から何するかを考え、
  2. 考えた候補の中から実際にするものを決定し、
  3. 実行するために動く

と、3段階もアクションを踏む必要があります。
メチャクチャ面倒くさいですよね。

このように複数のアクションを起こす気力が、賢者モード時はほとんど残っていないことは容易に想像ができるのではないでしょうか。
その結果、特に考えたり動いたりしなくていい動画視聴やスマホゲームに走り、負のスパイラルにはまってしまう、というわけです

そこで対策として、予めオナニー後にする行動を設定しておきます。(実行しやすい行動を設定するのが大切。詳しくは後述)
この設定により、行動を起こすのに必要な3段階のアクションのうち、1と2をオナニー前に完了させることができます。

結果、オナニー後は3(予め決めたように動く)だけをすればよくなります。
そのため、賢者モード時の行動のハードルが大きく下がり、負のスパイラルから簡単に抜け出すことができるようになります。

このやり方はif then プランニングといい、科学的にもその効果が強く証明されているものです。
(参考文献:Sailer, P., Wieber, F., Pröpster, K. et al. A brief intervention to improve exercising in patients with schizophrenia: a controlled pilot study with mental contrasting and implementation intentions (MCII). BMC Psychiatry 15, 211 (2015).

ふりしゅん
オナニー後の行動を予め設定しておくことは、科学的にも効果が実証されている、負のスパイラル脱出にうってつけのやり方なんだ!

行動を設定する際の3つの注意点

ただし、予めオナニー後の行動を決める際に、3点ほど注意が必要です。
これらを意識しない行動を設定してしまうと、せっかく立てた行動を実行できずに終わってしまう可能性が高いです。

とはいっても、その中身はとてもシンプルです。

  1. できるだけ具体的な内容にする
  2. 頭か身体を動かす内容にする
  3. メチャクチャ簡単内容にする

この3つについて、順番に説明していきます。

できるだけ具体的な内容にする

やろうと決めた行動の内容があまりに抽象的でふわふわしていると、賢者モード時に具体的に何をするかを考える必要が出てくきます。
賢者モードの時に考えなくてもいいように行動設定をしているのにこれでは意味がありません。

そのため、行動の内容は、可能な限り具体的に考えるようにしましょう。

例えば『本を読む』という行動を考えるとします。
ただこれだけだと、「どの本を読むのか?」「その中でどの部分を読むのか」ということを賢者モード時に考える必要が出てきます。
そのため、『○○という本の34ページのこの一文から読み始める』というところまで予め考えておくとよいでしょう。

賢者モード時に考えることをとにかくなくすこれを意識してもらえれば大丈夫です。

多少なりとも頭か身体を動かす内容にする

やる気や集中力を回復させるには、脳に血が回るようにすることが大切です。

そのため、頭 or 身体を動かす行動が非常に有効になります。
頭を動かす行動は、脳の前葉体(思考を司る領域)の血流が増加することが研究でわかっていますし、身体を動かすことで全身に血が巡ることは容易に想像できますよね。

頭を動かす例としては読書や情報発信、身体を動かす例としては散歩や筋トレなどが挙げられます。

逆に、頭も身体も動かさない行動って、何があるかわかりますか?
そう、負のスパイラルにはまる要因である、動画視聴やスマホゲームです。

まずこれらは、動かなくてもその場でできてしまうので、身体を動かすことはありません。
また、どちらも内容を深く考えることなく情報を眺めたりすればよく、頭をたくさん動かすこともありません。
(補足:ゲームに関しては、1時間程度であれば脳の活性化に役立つものの、それを大きく超えると逆に障害になりうる、ということがWHOなどの研究で示されています。
キチンと自制心をもってゲームが出来るのであれば問題ないのですが、性欲の負のスパイラルに陥る人はそのコントロールが出来ない可能性が高いので、今回は避けるべきものとして取り上げました。)

脳に血をめぐらせる行動をする、この条件を忘れないように注意しましょう。

メチャクチャ簡単な内容にする

この内容は説明してきたポイントの中でも特に重要なポイントです。
他の2つができていても、これができていなければ、行動設定はまず間違いなく失敗します。

何かをやることに対して高い目標をもつことは確かに立派です。
しかし、どんなに立派な目標を立てても実行できなければ全く意味がありません。

しかも、今考えようとしているのは、賢者モードというやる気が極端に低下している状態での行動。
少しでも行動するのに壁を感じたら、まず行動しません。

そのため、オナニー後の行動を考える際は、極限まで行動内容のハードルを下げることが重要になります。
基準としては、10秒以内に終えられる行動を設定すればよいでしょう。

先ほどは「本を読む」という頭を動かす例を考えたので、今度は「運動」という身体を動かす例を考えてみましょう。

身体を動かすと聞くと、ウォーキングやランニングを思い浮かべる方も多いかと思います。
しかし、これらの行動は、行動するまでに乗り越えるべき壁があまりにも多すぎます。

ただ屋外に出るだけでも、
1.まず布団から出て、2.運動用の服に着替えて、3.玄関まで向かって、4.靴を履いて外に出る。
と、こんなにもたくさんの行動の壁があり、賢者モードというやる気低下状態ではまず挫折します。
(僕自身、オナニーの後外を歩いて気分転換しようと決めていても、ほとんど実現できていませんでした。)

そのため、肩甲骨回しやその場でジャンプといった、1秒以内に実行できる(=その場からほとんど動かなくていい)行動を設定しておくと、例え賢者モードの状態であっても行動に移せるようになります。

少しでも身体を動かせば、自ずと血のめぐりがよくなって、やる気が回復してきます。
そうなった時に改めてウォーキング・ランニングなどは設定すればよいでしょう。

まず最初の第一歩をすぐに踏み出せる行動を設定する。

以上、オナニー後の行動を決める際に注意するべき3つのポイントでした。

ふりしゅん
行動を設定する際には、1.具体的で、2.頭か身体を動かすことができ、3.すぐに行動に移せるもの であることが大切なんだ!

ふりしゅんおすすめの行動設定

上に説明した3つのポイントに注意しながら、自分なりにオナニー後の行動を設定してみると、オナニー後の動きが劇的に変わるでしょう。

とはいえ、「具体的にどんな行動を設定するといいか、いまいちピンとこない!」という人もいるのではないでしょうか。
具体的・頭か身体を使う・簡単という3条件が揃う行動って、探すのなかなか大変ですよね

そこで「やる気ないが状態でも簡単にでき、効果もすぐ感じられる行動」を2つ紹介します。

電子書籍を開いてすぐに読み進められる状態にする(読まなくてもいい)

1つ目の方法は、オナニーに用いたスマホ・パソコンをそのまま使い、電子書籍を読み始める、という方法です。

オナニーをする際、大半の人はスマホ(あるいはパソコン)でAVを見ているかと思います。
そして射精した後、動くのが非常にダルくなることが多いのではないでしょうか。

僕の場合、スマホを使いベッドの上ですることが多いのですが、
終了後、布団という暖かい空間から抜け出して行動することには、メチャクチャ抵抗感を感じます(ぶっちゃけほとんど無理)

そんな時の救世主が、電子書籍です。

僕は、kindle unlimitedを使って電子書籍を読んでいます
(一冊一冊本を買っていてはお金がいくらでも足りないですが、kindle unlimitedは月に1冊本を読めば元が取れるので)

自分が使ってて何度も感じるのですが、このkindle unlimitedオナニー後の行動設定にあまりにもうってつけすぎます。

電子書籍を開くことの何が一番のメリットかといえば、
オナニー後、スマホから手を放さずともすぐに行動に移せることです。

予めkindleアプリを開いておき、読もうと思ったページを開いておけば、オナニー終了後、kindleにアプリを切り替えるだけでもう準備完了!

その所要時間、わずか1秒です。
これはもう、ほぼ障壁0といっていいでしょう。

なおこの行動設定をする際、本を「読む」ということを設定する必要はありません。
本を「開く」ことだけを設定すれば大丈夫です。

なぜ本を開くだけで大丈夫なのか。

人は、何か作業をを少しでも始めると、「途中で中断するはもったいない!」と考え、やる気が上昇しやり続けようする習性があるからです。
(この習性は心理学の世界でも示されており、作業興奮やサンクコスト効果といわれています。)

そのため、一度電子書籍を開いてしまえば、自ずと本を読み進めてしまう可能性が非常に高いです。

そして電子書籍の内容が脳内に入ることで頭に血が巡り、やる気や集中力もどんどん回復していきます。

ただアプリを切り替えて画面を見るだけでやる気・集中力が回復する。
正直、電子書籍(kindle unlimited)ほど時間的・金銭的コスパのいいやる気・集中力回復法はない、と僕は思っています。

もちろん電子書籍に限らず、紙の本を手に届くところに置いておいてそれを開ける、というのでも構いません。
しかし、紙の本は「一旦スマホを置いて、本に手を移し替える」というアクションが増えるので、電子書籍に比べるとどうしても挫折の可能性は多少高くなります。

なので最初のうちは、kindle unlimitedを利用し、スマホやパソコンで電子書籍で開く、という行動をしたほうが成功しやすいかと思います。

 

しかし中には、「活字で文章を読むこと自体が苦手だ・・・」という方もいらっしゃるかと思います。
活字が苦手なのに電子書籍読め、というのもなかなかキツいですよね。

大丈夫です、そんな方にピッタリの方法があります。

Amazonが提供している、Audibleです。

 

Audibleをひとことで言うならば、「耳で聞く電子書籍」です。

kindle unlimitedの場合は、内容を頭に入れるために「活字を見る」というプロセスがどうしても必要になります。

しかし、Audibleの場合は、書籍を選んだらあとは再生するだけ。
再生ボタンさえ押したら最悪横になっても構いません。

なぜなら、再生ボタンを押すと自動で書籍が読まれるため、否が応でも本の内容が脳に入ってくるから。
その結果、強制的に頭に血が巡るようになり、やる気や集中力が勝手に回復していく、というとんでも状態になります

情報を能動的に頭に入れるkindle unlimitedに比べ、受け身であるAudibleは多少効果が落ちるのは否めません。

しかし、実行するまでのハードルの低さという意味ではAudibleの圧勝です。

活字にまだ抵抗がある、という方は、まずAudibleから始めてみてはいかがでしょうか。

ふりしゅん
実行するのが簡単で、知識が習得でき、しかもやる気・集中力を回復できる。電子書籍マジ最強。

身体を刺激して血を巡らせる

もう1つの方法は、「その場から動くことなく、身体を物理的に刺激して血を巡らせる」という方法です。

やる気や集中力を回復させるために頭に血を巡らせたいなら、身体を動かすのが一番てっとり早い!
という、極めてシンプルな考え方です(笑)

身体を動かすいい方法として、肩甲骨を動かすという例を先に紹介しましたが、このような器具を用いない方法は、ごくたまに忘れることがあります。(経験談)

最初のうちは何らかの器具を用いて、何をするべきなのか視覚的にわかるようにしておくと忘れにくいでしょう。

物理的に刺激を与えるにはいろんな方法がありますが、ここでは「ベッドから離れず、簡単にできるもの」を2つ、例をあげますね。

まずひとつ目はハンドグリップ。いわゆる握力を鍛えるやつですね。
前腕の筋トレとやる気・集中力の回復を兼ねられる優れものです。

このハンドグリップは、14 kgから66 kgまでの範囲で自由に強度をコントロールができるものです。

成人男性であれば、14 kgであればまず握れるでしょう。
「自分の握力がどれだけかわからないから不安…」という人でも、これだけ強度の幅があれば安心して使用できますね。

また、「なんか今日は身体に力が入らないな…」という場合も、体調に応じて臨機応変に強度を変更できるのは、大きなメリットでしょう。

2つ目は、ふくらはぎのマッサージ器具です。

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われており、全身に血を巡らせるのにとても重要な場所です。
ここを集中的に刺激することで、血の巡りが速くなり、やる気・集中力の回復にも大きな効果が出るでしょう。

僕のおすすめはこのマッサージ器具ですね。

付属品のつけ外しで刺激の強弱を刺激出来るだけでなく、
なかなか自分でマッサージすることができない背中にも使えるという、一石二鳥(いや、三鳥ですかね?)の優れものです。

ふりしゅん
電子書籍を眺めて頭を回転させるか、物理的に刺激してするか。好きな方法でやる気と集中力を回復させよう!

オナニー後の行動設定をして、時間の浪費をなくそう!

性欲がふと湧いてくるのは、男であれば仕方ないことであり、否定する必要はありません。

大切なのは、性欲処理の後、余分に時間の浪費をしない工夫(すなわち事前の行動設定)ができているかどうかです。

適切に行動設定を行うことができれば、オナニー後うまく頭を切り替え、一日を有意義に活動できようになります。
逆に無理のある行動を設定してしまうと、かつての自宅待機当初の僕のように負のスパイラルに飲み込まれてしまいます。

上手にオナニー後の行動を設定し、性欲も自分の時間も、両方を充実したものにしていきましょう!

この記事のまとめ
  • 予めオナニー後の行動設定をしておくことで、負のスパイラルから脱出できる!
  • いい行動設定の条件は、①具体的 ②頭か身体を動かす ③簡単 の3つが揃っていること!
  • 頭を動かすのであれば、kindle unlimitedAudibleを利用して勝手に頭が動く状態を作るのがおすすめ!
  • 身体を動かすのであれば、すぐ手に取れる器具を用いて身体を刺激するのがよい!
  • 行動設定によって、性欲も自分の時間も充実させよう!

自宅待機で家にこもる時の性欲コントロール術3選

2020年4月22日
自宅待機において性欲をうまくコントロールする方法について。

性欲をコントロールできずセックスとオナニーだけで3カ月終えた話

2020年1月19日
ふりしゅんがかつて性欲をコントロールできず、3カ月をムダにした話。

性欲がおさえられず苦しんでいるあなたへ。

 

ふりしゅんです。

僕はかつて性欲に振り回された結果、人生を棒にふる寸前にまで追い込まれました。

しかし、今は性欲をコントロールする方法を見出し、性欲のもつ強力なエネルギーを日常生活にフルに活かすことができています。

あなたのもつそのすさまじい性欲は、その扱い方によって、あなた自身の最強武器にも、あなたを殺す凶器にもなります。

かつての僕のように性欲で苦しんでいる人がいるのなら、僕は手を差し伸べたい。

あなたが持ち合わせている強大な性欲、それをあなた最大の武器にしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です